2021年3月4日(木)
Breaking News

仕事と育児の両立に悩んだら

育児をしている看護師は、仕事との両立に悩むこともあります。

子どもが熱を出したりすると急遽休まなくてはいけなくなるため、子育てに協力的な職場でなければ両立が難しくなってしまいます。

同僚や上司が育児を応援してくれる場合は、その気持ちに感謝をしてお礼を忘れないようにするべきでしょう。

感謝の言葉や態度は、お互いに気持ちよく働くために大切なものになります。

もし今の勤務先では協力が得られないと感じるなら、他の病院に転職するのもいいでしょう。

その時は、残業時間や勤務体制などをしっかり確認することが必要です。

育児をしながら無理なく働ける環境を自分で整えていきましょう。

時間の制限が少ない病院以外の職場を考えてみるのもいいでしょう。

普通の保育園の場合、夜勤などもなく、夜は家にいたいという方に向いています。

また、正職員だと勤務時間が長かったり、融通が利きにくかったりすることもあるため、パート勤務もいいでしょう。

給与を妥協したくないという場合は、家族に子どもを見てもらって夜勤専従になるという手もあります。

完璧主義な方は、仕事も育児も100%の力を注ぎたいと思っているかもしれません。

それができず、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

上手く両立するためには、メリハリを付けて時には手を抜くことも大切です。

例えば仕事が大変な時は食事を作らず、スーパーでお惣菜を買ったりするのもいいでしょう。

洗濯物が溜まっていたら、休日など時間があるときにまわすようにするなど、無理をしないことがポイントです。